医薬品の最安値比較.com

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング等で最安値ショップを簡単検索!欲しい医薬品をお得に購入するための情報を掲載しています。

薬・健康の疑問

薬の飲み方の疑問いろいろ

投稿日:

このページでは、薬の飲み方に関する様々な疑問について説明します。

大人用の薬を子供に飲ませても大丈夫?

大人用の薬を子供に分けるのは少量であっても絶対にNGです。
たとえば、大人用の鎮痛剤(アスピリンなど)を子供に飲ませると生命にかかわる重篤な副作用が現れるケースもあります。
こういった事態を防ぐため、成分によって年齢が制限されているものも多いです。
とくに年齢に制限のない成分で構成されている薬でも、大人用の薬を小児が服用するのがNGです。
注意書きにも「15歳未満は服用しないでください」となっているのに、分割して服用し何か被害があった場合など、用法用量を守っていないことで、副作用救済制度を受けることができなくなるおそれもあります。

食前、食間、食後など、服用の時間はどうして違うの?

薬を飲む際に、パッケージなどに記載の用法・用量に「食前」「食後」や「食間」など細かく服用すのタイミングが定められています。
薬によって服用のタイミングが違っているのは、食事によって薬が吸収される量や速さが変化して、効き目が増減するためです。
薬は食べ物と同様に消化に伴って体に吸収され、各種効果を発揮する仕組みになっています。
また、食事を中心に服用時間を決めることで薬の飲み忘れを防ぐ役目もあります。
なお、頓服(とんぷく)は症状が出たときに随時飲むタイプの薬です。
解熱鎮痛剤などは頓服であることが多いです。

薬を多めに飲むと効果は増すの?

解熱剤などの市販薬は、薬を多く飲んだからといって薬の効果が増すということはありません。
たとえば、解熱剤をどんなにたくさん飲んでも、平熱より低く下げることができないのと一緒です。
逆に、副作用が強くなるだけで非常に危険といえます。
薬は血液中の濃度がある一定の濃度になると効果を発揮するようになっていて、それよりも高くても低くても必要な効果が得られない仕組みになっています。
とくに、市販薬は症状を緩和するために飲む(対症療法)ものなので、用法通りに飲んでも効かない場合は、きちんと医療機関で受診するようにしましょう。

1日3回など、薬を分けて飲むのはどうして?

市販薬の多くは、1日あたり2~3回に分けて飲む薬がほとんどです。
その理由は「体内の血中濃度をできるだけ一定にするため」です。
飲んでから4~8時間くらいしか効かない薬は1日3~4回に分けて飲む必要があり、24時間効いている薬なら1日1回だけでよいということになります。
最近は、飲み忘れる人が多いこともあり、長く効く薬が(1日1~2回服用)が増えています。
ちなみに、飲み忘れたとしても、次に2回分まとめて服用するのはNGです。

-薬・健康の疑問

執筆者:

関連記事

脱毛症の種類:AGA(男性型脱毛症)、円形脱毛症、脂漏性脱毛症など

ひとくちに脱毛症といっても、様々な種類のものがあります。 こちらのページでは、AGA(男性型脱毛症)、円形脱毛症、脂漏性脱毛症等について説明します。 目次1 AGA(男性型脱毛症)2 びまん性脱毛症3 …

少食・欠食による栄養不足が引き起こす脂肪肝の恐怖

「ストレス太り」という言葉がありますが、その原因は「やけ食い」に限ったことではありません。 食欲減退による欠食や少食も太る原因になります。 ひとつは栄養の偏りによる代謝の低下。 食事抜きを繰り返したり …

育毛剤の「医薬部外品」「薬用」とは何のこと?

発毛剤や育毛剤の多くに「医薬部外品」とか「薬用」と記載されていますが、これらはどのようなものでしょうか。 一般的なスキンケア用品は薬機法によって、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類され、 …

薬は水以外で飲んでも大丈夫?

水以外で飲んでも問題ない薬もありますが、やはり薬は白湯(湯冷まし)か水で飲むのが原則です。 薬が化学変化を起こしやすい代表的な飲み物は、酸味のあるレモンティーやオレンジなどのジュース類。 代謝が悪くな …