医薬品の最安値比較.com

楽天市場・Amazon・Yahoo!ショッピング等で最安値ショップを簡単検索!欲しい医薬品をお得に購入するための情報を掲載しています。

薬・健康の疑問

少食・欠食による栄養不足が引き起こす脂肪肝の恐怖

投稿日:

「ストレス太り」という言葉がありますが、その原因は「やけ食い」に限ったことではありません。

食欲減退による欠食や少食も太る原因になります。

ひとつは栄養の偏りによる代謝の低下。

食事抜きを繰り返したり、夕食を抜いてビールだけを飲んだり、野菜しか食べないというのも太る原因になることがあります。

これは「エネルギーを作り出す=代謝」のシステムに必要な栄養素が不足することで起こりえます。

また、体は栄養不足=飢餓状態と判断するや、非常時に備えて肝臓に脂肪を蓄えようとします。

さらにタンパク質の摂取が不足すると、肝臓は自らが作り出した中性脂肪を保持します。

肝臓内は非常用の脂肪でいっぱいになり、脂肪肝へまっしぐら。

こうなると、肝機能が低下、連動して代謝がダウンし、脂肪はどんどん蓄積されていきます。

つまり、欠食や少食による栄養不足は体にとって非常事態であり、防御反応として体脂肪が増えるのは当然とも言えます。

体が非常事態と感じるのは栄養不足だけではありません。

睡眠不足もそのひとつです。

睡眠は食生活や肥満とは関係がないようにも思えますが、起きている時間が長いほど、体は活動エネルギーを必要とします。

その対策として体内で行われるのが栄養の摂取を促すホルモンの分泌です。

睡眠不足の状態では満腹を感じるホルモン「レプチン」の分泌が減少し、食欲を増進するホルモン「グレリン」の分泌が増加。

その結果、満腹を感じにくいうえに食欲が増すため自然と食べ過ぎて太ってしまうわけです。

ストレス、少食・欠食、睡眠不足は、どれも脂肪とは関係なさそうですが、連鎖すると脂肪蓄積の確率はグンと上がります。

食べないダイエットはストレスを呼び、ストレスは少食や欠食、睡眠不足を呼び寄せ、睡眠不足は食欲を呼びます。

正しく食べてよく眠ることが大事です。

-薬・健康の疑問

執筆者:

関連記事

育毛剤の「医薬部外品」「薬用」とは何のこと?

発毛剤や育毛剤の多くに「医薬部外品」とか「薬用」と記載されていますが、これらはどのようなものでしょうか。 一般的なスキンケア用品は薬機法によって、「医薬品」「医薬部外品」「化粧品」のどれかに分類され、 …

薬の飲み方の疑問いろいろ

このページでは、薬の飲み方に関する様々な疑問について説明します。 目次1 大人用の薬を子供に飲ませても大丈夫?2 食前、食間、食後など、服用の時間はどうして違うの?3 薬を多めに飲むと効果は増すの?4 …

薬は水以外で飲んでも大丈夫?

水以外で飲んでも問題ない薬もありますが、やはり薬は白湯(湯冷まし)か水で飲むのが原則です。 薬が化学変化を起こしやすい代表的な飲み物は、酸味のあるレモンティーやオレンジなどのジュース類。 代謝が悪くな …

脱毛症の種類:AGA(男性型脱毛症)、円形脱毛症、脂漏性脱毛症など

ひとくちに脱毛症といっても、様々な種類のものがあります。 こちらのページでは、AGA(男性型脱毛症)、円形脱毛症、脂漏性脱毛症等について説明します。 目次1 AGA(男性型脱毛症)2 びまん性脱毛症3 …